学科ブログ

校舎・学科で絞り込む

中野校

1級自動車整備科

2019.09.04

学生紹介(1年生 盛鈴太郎)

皆さんこんにちは。1級自動車整備科、1年生の盛鈴太郎です。

この夏休み、私は、普通自動車免許を取得するため教習所にほぼ毎日通ってました。

その時、教習所に準中型自動車免許のコースが新設させると聞いて申し込みをしました。

準中型という区分が平成29年の3月に新設されました。

調べてみると、これから需要が増えていく小型トラックを運転出来る人を増やそうという目的らしいのですが、

普通免許で運転出来る範囲が狭まってしまったので非常に残念に思ってました。

その中でコースが新設されるという知らせはとても嬉しいものでした。


5

教習車は2tトラックでした。小さいと思いきや、意外と大きい!

車体が大きいことでホイールベースが長くなるので、内輪差が大きく発生してしまうという点が、理解していても難しかったです。

しかし、とても目線が高く、小回りが利くので慣れてくると、

乗用車より運転しやすい印象でした。

車体が大きい。それだけで注意しなければいけない点が大幅に増え、

細かいところまで気を遣った教習だったので、スキルアップできたと自信が持てました。

この準中型自動車免許は18歳から取得可能です!

これから免許を取ろうという方で運転を楽しみたいという方におすすめです。

中野校

1級自動車整備科

2019.08.29

3年生特別講演会

 8/27(火)に東京工科グループの中野校・世田谷校・品川校の1級課程3年生を対象に

『自動車の先進技術と近未来 ~自動車業界の今そしてこれから~』というテーマをもとに講演を行っていただきました。


登壇者紹介

◆日産自動車株式会社 企画・先行技術開発本部 技術企画部 主担当 中住 慶太 様

◆東京大学大学院   教授 堀 洋一 様


中住様には自動車の電動化・知能化について講演を行っていただきました。

現在の自動車の大半は燃料をエンジン内部で燃やして走行しているのですが、今後はモータにより走行する自動車が今、以上に普及していくという内容と自動運転に関する講演です。

1

2


堀様には、ワイヤレス充電の講演を行っていただきました。

ワイヤレス充電とは、現在スマートホンなどで普及し始めている充電コードを接続しなくても充電ができるタイプの自動車版です。

3

道路にその設備を埋め込んだり、ガードレールなどから、給電をしながらその電力で自動車のモーターを駆動して走行を可能にするというものです。

4

東京大学でも専門的に研究されている方で、登校の学生にもわかりやすく説明をしていただきました。

今後の自動車業界を担う学生には、これからの自動車業界のことを知ることができる良い機会であった思います。


公演いただいた、中住様、堀様 ありがとうございました。

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。