学科ブログ

校舎・学科で絞り込む

中野校

自動車整備科

2017.10.31

4輪セミナー オフロードレース参戦記

台風が連続出来てしまい

舗装していない道路はすごい状態ですね。

でも、舗装していない道を走る過酷で楽しいレースがあります。

今回はこの参戦記録を見て下さい。

少し長いですがお付き合いください。

 

 

『軽自動車ダート耐久レース参戦』の実践

レース前日の朝から学生は集合し、テキパキと出発の準備を進める。

1出発前のやる気!

3か月前にみんなで練習走行へ行っているので準備・車両積載は慣れてきた。

 

 

大会会場が千葉県の成田なので、今回は特別に成田空港も見学してみた。

4

コースの近くに宿泊。今回はみんなの頑張りで、車両2台を完璧に仕上げてきたので夜間作業はない。

作業の時間が無いので、コースの説明やライン取りの確認、役割分担など事前の調整や確認を夜間まで行った。5

 

 

 

 

6いよいよ敵陣(大会会場)に乗り込む。

行くぞ!おー!!!

大会会場到着後、すぐに車両2台を降ろして車両整備に入る。チームのピット設営も大事な仕事のひとつ。

7

車が奇麗なうちに記念撮影(笑)

9車両の細かい準備も急いで進める。

1011

ブリーフィング(事前説明)、車検が終了したら練習走行開始。ドキドキのコースイン・・・・・。

1314

練習走行の後は、個人ごとのタイムアタック計測を開始、各チームは練習走行の時とは違い、全開走行になり学生達も周りにつられて全開走行になってしまう・・・

15

前日までの雨のため、コースの所々がこんな状態ですが全開で走り抜けます。

この様な状況の耐久レースなので、車両の接触・コースアウトなど走行不能になっていく、生き残りゲームの様な競技です。

予選で2台とも泥だらけ(笑)

1617

タイムアタック中、耐久レース本戦までは少し時間があるが、ドライバー交代の間に泥を落とす、窓を拭く・・・あっという間にタイムトライアルの時間が終わる。

午後はいよいよ、2時間耐久レースがスタート!

18

スタート30分後に1台が泥の下り坂でステアリングが取られ激突!

1920

レッカーで運ばれてくる・・・。

バンパーがめり込んでフロントタイヤがぶつかっている。ステアリングが切れない!まだレースはスタートしたばかり、リタイヤしたくない学生達の復旧作業で修復完了!

再スタート!21

1時間後、もう1台がエンジンストップ!自走不能でレッカーされて来た。

バンパーとフロントグリルが落ちている。22

火花は飛んでいる。水温系は正常。燃料は4分の2.燃料ポンプは動いている。燃料ホースを外すと燃料が来ていない。

あれ?タンクが凹んでいる。 先生の指示で給油を行う。ホースから燃料が出た!

原因はタンクが凹んでいるため、ガソリンを吸い上げずガス欠と同じ状態になっていたからだった。ナイス先生!

まだ走れる! 皆の顔が明るくなる! 嬉しくて鳥肌が立つ!

自分たちの車両が気になって誰も目が離せない!

24

そして、チェッカーが振られ・・・・2時間耐久レース終了!

過酷なレースの中、2台とも完走!!!!!!

このセミナーの目的である『PDCAの思考力を養うこと』は、説明をする必要もないくらい、学生ひとりひとりに刷り込まれ多と思います。そして、自らの能力や団結力として活かし切ったレースであったことは、レース終了後の彼らの笑顔が証明しています。

28

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

中野校

自動車整備科

2017.08.29

夏休み明け授業開始

長ーい!

 

長ーい!

 

夏休みも終わり

 

授業開始!

 

エンジンは始動可能な物です。

 

しっかり説明を聞いて

 

調整・組付けをしないと

 

残業だぞ(笑)

P1170103 P1170102 P1170100 P1170099

 

こちらは始動・充電装置

 

まだ本日は説明のみ

P1170096

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。