中野校

エンジンメンテナンス科[2年制]

ONLY ONE

モータースポーツ業界、エンジン開発など
幅広く活躍できるスペシャリストに

学科の特徴

POINT01

フォーミュラカーを使った実習で
レースメカニックも視野に

自動車の基礎をしっかりと学んだうえで、さらに高度なチューニング技術についても学びます。2年次の選択授業では、コンピュータチューニングについてのセミナーやフォーミュラカーを教材に、エンジンから足回りのチューニングを学べるセミナーもあります。セミナーの卒業生は、30を超えるレース関連企業で活躍しています。

POINT02

自動車から重機、船舶まで
あらゆるエンジンを学ぶ

自動車のレシプロ、ロータリーから建設重機・船舶にジーゼル、そして最先端の環境対応エンジンまで実際に触れながら学びます。もちろん、ブレーキ、サスペンションなどシャシ関連の講義も充実しており、よりスペシャルな二級自動車整備士を目指せます。

就職実績

モータースポーツ業界でたくさんの卒業生が活躍しています

レースメカニック

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(NISMO)/有限会社中嶋企画/株式会社M-TEC(無限)/株式会社セルブスジャパン/株式会社チームルマン/株式会社リアル/株式会社童夢/株式会社エー・ピー・アール/株式会社トムス/有限会社ホシノレーシング

開発エンジニア

ヤマハ発動機株式会社

特殊車両メカニック

全日空モーターサービス株式会社

その他

日産プリンス東京販売株式会社/東京スバル株式会社/ビー・エム・ダブリュー東京株式会社/フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社/株式会社ヤナセ

就職決定率
100%

2018年度実績

  • 番場 裕人

    中野校 エンジンメンテナンス科1年生

    番場 裕人さん

    信頼されるメカニックになり、世界最速のマシンを作りたい!

    10歳のときにレーシングカートを始め、ドライバー兼メカニックをしていました。が、ドライバーとしての活動ができなくなったため、ドライバーに一番近いメカニックを目指すことに。東京工科自動車大学校を選んだのは学校でレース活動があることと、多くの卒業生がレースの現場で活躍しているためです。将来はレース業界に就職して、誰からも信頼されるメカニックになり、世界で通用する最速のマシンを作りたい。授業では先生方から実際に直面したレース中のトラブルなどについても聞くことができ、興味が尽きません。

    勝又 洋二

    中野校 エンジンメンテナンス科2年生 内定先/ヤマハ発動機株式会社

    勝又 洋二さん

    自分で組んだエンジンがかかる!興味のある人には最高の環境です

    エンジンに特化した授業を行っていると知り、この学科を選択しました。実際の授業ではクルマやバイクはもちろん、船などいろいろなエンジンを学ぶことができ、チューニングの知識も身につきます。周りはクルマやバイク好きばかりで、自分の好きなことについて話せる環境に身を置いていることは何より楽しい!自分で組んだエンジンがちゃんとかかったときの達成感は最高です。内定先では開発に関わることになりました。整備士目線を活かし、いい製品を作れるよう、卒業しても成長を続けていきたいと思っています。

学科ブログ

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。